中野区、東中野駅徒歩3分、東中野歯科クリニック。インプラント、審美歯科、予防歯科、無痛治療

東中野歯科クリニックHOME / メタルフリー

メタルフリー

なぜメタルフリーなのか

多くの方が自分のお口の中を覗いて見た時に金属の詰め物、被せ物を見つけることができると思います。
現在の日本の保険診療では詰め物や被せ物には金属かプラスチックしか認められていません。
また、金属にも決まりがありゴールドやプラチナといった安定性のある貴金属も保険では使用できないことになっています。
プラスチックに関しては歯にかかる力を考えた場合強度に無理があり、またプラスチック唯一の利点といえる白い色も時間と共に変色してしまい黄ばんだ色になってしまいます。
次に保険で扱われる金属ですが、一般ではよく銀歯といわれ歯科関係者の中では金パラと呼ばれるもので、正式には、金パラジウム銀合金といい金を少々とパラジウムという聞きなれない金属の入った銀合金です。
銀は食器や飾り物等よく使われていますが磨かないとすぐに黒ずんでしまうということは皆様も経験あると思います。
つまりはさびやすい金属なのです。また合金自体の加工精度が劣りさらに歯に比べて硬すぎるという欠点があります。
お口の中にこのような金属を使うことは決して勧められるものではありません。
しかし残念ながら保険診療では他に選択肢はないのが現実です。
同じ金属でもゴールド、プラチナといった貴金属は金属自体の安定性もすぐれており加工精度が高いため歯にぴったりとした詰め物や被せ物をつくることが可能なため、すきまから虫歯になるということが少なくなります。

…とここまでの内容は多くの歯科医院のホームページに出てくる内容です。

しかし卑金属であろうと貴金属であろうと金属には決定的な欠点があります。
詰め物、被せ物はセメントで歯にセットします。
現在歯科材料として使われるセメントは歯には非常によく接着するのですが、残念ながら金属への接着力はそれほどでもないのです。
近年かなりセメントも改良されてきましたがそれでもまだ満足いく接着力までは至らないのが臨床での現実です。
詰め物、被せ物が完全に歯と接着していない限り隙間ができそこから虫歯ができてしまう可能性は常に否定できないのです。
そこで金属を全く使わないセラミックス系の材料が有効になります。
もともとセラミックスは審美的な要素で使われてきましたが 硬くて脆いという欠点がありました。
しかし現在はジルコニアに代表されるように強度に優れたものが現れ、欠点を克服してきています。
さらにはセラミックス専用のセメントの接着力は十分なものであり、非常に歯科治療では注目されています。
まだ強い力のかかる歯への詰め物などには不向きなこともありますが適応さえ間違わなければご自分の歯を長持ちさせるためには良い材料といえます。

PAGE TOP

グラスファイバー

歯根破折の恐ろしさ

グラスファイバー歯を失う原因として虫歯と歯周病(歯槽膿漏)が主因なのは明らかです。
しかし我々歯科医師が経験する中でもうひとつやっかいな抜歯原因があります。
歯ブラシもしっかりされてとても歯周病とは考えられない、被せ物もきれいにしてある、レントゲンでしらべても歯の根の治療も完璧、という歯が急にぐらつき歯茎が腫れてしまう、これは歯を支えている歯根が割れたり、折れたりしてしまう歯根破折といわれるものです。
なんとか保存できる場合もありますが、多くは抜歯となってしまいます。
その原因として歯根に入った金属の土台があります。
歯よりも硬い金属がしっかりとした接着なしに歯根に打ち込まれることで、歯を補強するための土台が逆に杭を打ち込むように歯根を破折させてしまいます。ここでも金属の弊害が起こっているのです。
これを防ぐため、現在では、グラスファイバーにより土台を立てる方法がとられるようになりました。
グラスファイバーは硬さも歯質に適しており、またセメント接着も十分なため歯根破折がおこりにくいのです。

PAGE TOP